TUBE とは ・・・

イケイケのをイメージさせる傾向も強いが、実はファンの間ではバラード曲の人気がたいへんに強い。長きに渡って人気を保っているのは、ごまかしの効かないライブバンドならではの本当の実力が人々の心をしっかりと捉えているからに違いない。

メンバーはデビュー以来ずっと変わる事のない4人編成。
<Vo.> 前田亘輝・・( まえだ のぶてる ) 前田さん、前ちゃん
<Gt.> 春畑道哉 ( はるはた みちや ) 春畑さん、春、春ちゃん
<Ba.> 角野秀行 ( かくの ひでゆき ) 角野さん、かっくん
<Dr.> 松本玲二 ( まつもと りょうじ ) りょーじ

1985年公式デビュー時のバンド名は The TUBE であった。
デビュー曲は 「ベストセラー・サマー」 。
翌1986年にはバンド名を現在の TUBE  と改める。

毎年必ずアルバムを発表し続けており、それはいわゆる記録となっている。
(加筆 : 2013年・2014年はアルバムの発表は無し。)
ライブ活動を積極的に毎年行っており、ホール・アリーナ会場は基本で、
野外ライブ(やがいライブ) と呼ばれる大がかりな火薬や水を大量に使った演出がウリの屋外(おくがい) のライブは昔からのファンには絶大な人気を誇っている。

ほとんどの発表曲は作詞を前田、作曲は春畑が務めている。パワフルで聞く人の心を惹きつける魅力を持つ前田の歌唱力と、世界レベルのギターの演奏力の実力を持つ春畑の曲作りは、TUBEの魅力の根幹となっている。

デビュー以来一度もメンバーチェンジせずに同じ仲間でやり続けているのにもかかわらず、前田は「ドラムの人は変わりました」という冗談をしばしば言う。玲二の体型が変わった事をネタにしているらしい。

「記録よりも記憶に残るバンドでいたい」

( 2002年8月3日(土) TUBE野外ライブ 前田亘輝MCより )

前田のセリフは、確かにTUBEそのものを現していると思う。

楽しかった時、盛り上がった時、つらかった時、せつなかった時・・・。
その時々、すべてに俺の中にはTUBEの曲がある。

これからもTUBEと共に。




戻る